TOP > その他・関連情報2 > 肥満との関係性

肥満との関係性


腰部脊柱管狭窄症では、姿勢の改善と同様に大切なのが肥満の解消です。腰を前かがみの状態にすると症状が和らぐのが腰部脊柱管狭窄症ですが、肥満がある場合、腹部が出てきますので、その重さを支えようとして反る姿勢をとりがちになってしまいます。

結果、腰椎の前弯が強くなり、神経の血行に障害を起こすなど、腰部脊柱管狭窄症が酷くなってしまいます。また、肥満によって腰椎への負荷も増えます。腰部脊柱管狭窄症は強い腰の痛みはあまり無いとも言われていますが、肥満の方は腰の痛みにも注意しなければなりません。

腰の痛みは痩せすぎの方にも多い症状ですが、平均的な体格の方は多少の無理をしても腰の痛みがすぐに起こるということは滅多にありません。ですので、太り過ぎというのは、腰部脊柱管狭窄症にとっても、その他の腰痛に対しても悪い影響しか与えないのです。

腰部脊柱管狭窄症を改善するのに、ダイエットは必要だと感じている方は多くいらっしゃいますが、どのようにしてダイエットすれば、体に無理なく痩せることが出来るか分からない方も多くいるようです。

まずは、日常的な癖を正すことが大切です。食べすぎ、呑みすぎや甘いものの摂り過ぎは控えるようにします。肉料理を多く摂っているのであれば、野菜や魚を中心としたメニューにするように心がけることも大切です。

また、身体をあまり使わない場合も肥満が蓄積しがちですので、運動することを心がけるようにします。日頃の生活で電車や車ばかりに頼っていないで、毎日少しずつ歩くことを試行してみるのが有効です。

肥満を解消すると身体の調子はもちろん、骨格や筋肉の状態も変わってきます。また、これだけでも腰部脊柱管狭窄症の症状を緩和するのに、とても高いメリットをもたらします。

ですので、腰部脊柱管狭窄症の痛みが慢性化しないうちに、出来るだけ早めの対応、腰部脊柱管狭窄症の治療が必要となってきます。

また、最も大きな問題はストレス、という方も少なくありません。仕事のストレスや人間関係のストレスもあります。なかなか解消しずらいという場合もありますので、出来るだけ気分転換する機会を増やすことが大切です。

また、睡眠時間を多く取るように心がけ、規則的な生活、夜は早く寝て朝も早く起きる、というペースを掴むのが理想です。肥満を解消しながらも、様々な治療を試行している方も多くいらっしゃいます。

もし、腰部脊柱管狭窄症の改善に向けてダイエットを実践する場合、専門家へ相談、アドバイスを受けるようにしてください。高齢者の場合、無理なダイエットをすると体を壊すことになりかねません。

年齢が若い人と違い、高齢者の体は基礎代謝も落ちていますし、体の様々な部分に老化現象が見られます。20代、30代と方と同じ方法では体が参ってしまうことが多いので、必ず自己流ではなく、専門家へ相談してから正しい方法で体重を落とすようにしてください。

中川式腰痛治療法