TOP > 治療方法について > 理学療法について

理学療法について


腰部脊柱管狭窄症の治療の基本は保存療法です。また、腰部脊柱管狭窄症には鎮痛剤やブロック注射が最も効果があるのではと思われる方が多いようですが、痛み止めでは効果が無い場合、理学療法を用いることにより、腰部脊柱管狭窄症の痛みが無くなったという患者さんも多くいらっしゃいます。

腰部脊柱管狭窄症で行われる代表的な方法として、牽引があげられます。この牽引は、臀部を外部の力で持ち上げ、腸腰筋、腰腹筋などの緊張を緩和して腰椎を屈曲位にするために用いられます。

この結果、神経の前方に位置する後縦靱帯とその後方の黄色靭帯が引っ張られて伸びます。この靭帯の伸長によって神経根への圧迫を軽減したり、腰部脊柱管が広がる効果があります。

牽引を数回行ってこの状態を持続させることにより、腰部脊柱管の血行を高めてきます。椎間関節も広がることで、椎間関節症にあるずれも解消されます。牽引の効果は外見ですぐに分かることが多く、脊椎が左右に傾いてしまっている状態の場合、真っ直ぐになることもあります。

腰部脊柱管狭窄症に対して、温熱治療でも高い効果が出ることがしばしばあります。筋肉を温めることで、筋肉がゆるみ、血液の流れが改善されますが、このことで自然な治癒力も高まります。

薬剤は体に合わないという方でも使いやすい方法です。これらの他には、整体による治療をされる方も多いでしょう。治療方法には自宅などで一人で出来るものも多くあります。コルセットやベルトなどの装具を使用したり、上記のようなホットパックやカイロなどの方法もそうでしょう。

これらはまた比較的単純な作業で完結しますので、どなたにでも使用しやすいものでしょう。これだけでは効果が出るのが遅いという場合には、他の方法を組み合わせて治療をする場合もあるでしょう。

理学療法以外にもブロック注射を一度試してみるという方などがそうです。どの方法でも、一度効果が出たのであれば、その頻度などには気を使わなければなりませんが、出来るだけ継続させることが必要です。

ですが、腰部脊柱管狭窄症を1日も早く改善させるのであれば、腰部を支えている筋肉や腱の強化が一番です。理学療法でも痛みを改善させることは出来ますが、根本的に腰部脊柱管狭窄症を改善させるには、筋力強化が必須になってくることは言うまでもありません。

ですので、理学療法で痛みをある程度改善することが出来たら、無理をしない程度に筋力トレーニングをして、腰部をしっかりとサポートする筋力をつけるようにしましょう。

そして、腰部脊柱管狭窄症は1日でも早く治療することが大事になってきます。少しでも腰に違和感や痛みを感じたら、出来るだけ早く診断を受け、適切な治療を心がけてください。

中川式腰痛治療法